等々力音楽教室|中級コースのピアノレッスン内容

等々力音楽教室のピアノレッスン中級コースについてご紹介いたします。

中級コースはピアノの経験者の方で、楽譜が読めて両手で簡単な曲が弾ける方向けのコースです。

トンプソン「ピアノ教本(1)」終了程度から中級コースとしています。曲もだんだん複雑に、長くなってくるので、小学生以上は45分・60分のレッスンを推奨しております。→レッスン料金

ギロックやツェルニー、ブルグミュラーを始め、バッハやソナチネなど幅広い楽譜を使って勉強していきます。バッハをはじめとするバロック音楽にも取り組んでいくことで、より総合的にピアノを演奏することを学んでいきます。

中級コースは、生徒さんそれぞれの状況によって様々な楽譜を使用するので、こちらでは取り扱う曲集の一部を簡単にご紹介いたします。

  • ギロック 『はじめてのギロック 』、『こどものためのアルバム』
  • ツェルニー『30番練習曲』
  • ブルグミュラー『25の練習曲』
  • 『プレインベンション』、『ファーストインバッハ』、『ソナチネアルバム(1)、(2)』
  • 湯山昭『ピアノ曲集 お菓子の世界』、『ピアノ曲集 こどもの国』
  • 三善晃『海の日記帳』
  • チャイコフスキー『こどものためのアルバム』
  • バッハ『インベンションとシンフォニア』

これらの曲以外に発表会用の曲やコンクールの課題曲などで他の曲を勉強することもあります。また、自分で演奏したい曲を持ってきていただくことももちろん可能です。

初級コースと同じく、中級になったばかりのとくにお子様の場合は、ソルフェージュの勉強も同時に続けていきます。新曲視唱やリズムの勉強、聴音など、それぞれの方に必要な音楽を学ぶ上で大切な要素を学びます。

より専門的にピアノを勉強したいという方や2人の先生にピアノを習いたいという方は、初級・中級担当の講師から年30回と、通常上級コースで教えている音大講師に年10回習うことのできるコンビネーションコースがおすすめです。

「将来的に音大を目指したい」、「コンクールへ挑戦したい」、「はじめから音大の先生にピアノを習いたい」という場合は、どの年齢・レベルからでも上級コースの講師にピアノのレッスンを受けることが可能です。

上級コースを受講する場合は、お月謝制ではなく1回1時間ごとのレッスンとなっております。講師と日程やレッスン回数を相談の上決定いたします。

PAGE TOP